記事一覧

リン

今日は平成24年6月2日に天使になった愛犬【リン】のことを書こうと思います。
たぶん長くなると思うので面倒な方は読み飛ばしてください。


リンは平成14年5月9日に生まれた雑種の女の子です。

人見知りが激しく、怖がりだったけど、とても可愛かった。

リンは若い頃からストルバイト尿石症になり天使になる前にはほとんどオシッコが出ない状態でした。



リンの状態が悪かった日、夕方病院へ連れて行くように予定を組み、泣く泣く家に置いて仕事へ出て行きました。


昼休み家に帰ると…一人で旅立った後でした。

お母シャンは大声で泣きました。
外まで聞こえてただろうな…。

本当に大好きだったよ。
本当に可愛かったよ。
ごめんね。
ありがとう。

心からたくさん言いました。


それから濡れタオルでリンの体を拭いてやり、持って逝かせるオヤツを準備し、リンの右腕にお母シャンの数珠を通しました。


午後からの仕事があったので、亡くなったのにまた置いて出なきゃいけないと思うと不憫でしかたなかった。


『神様、仏様、どうかリンが寂しくないように私が帰るまで見守ってやっててください。』
お母シャンは無宗教ですが、この時は本気でお願いしたんです。


そして、仕事に戻らないといけないので気持ちを切り替えるために、玄関で靴を履きながら大声でリンに
『いってきまーす』
と叫びました。

その直後、お母シャンのオデコの少し上辺りで
『いってらっしゃい』
という声が聞こえたんです。
リンの魂の声だと思ってます。

耳からじゃなく、オデコの上で。
説明しにくいですが、聞こえたんです。


その時スーッと気分が楽になったような気がしました。


ワンコと会話はできないけどリンにちゃんとお母シャン達の気持ちが通じてたんだ。

『いってらっしゃい』のあの一言にリンの全部の気持ちが入っていたんだと思えてなりません。

『リンは大丈夫よ。お仕事頑張って。
帰りを待ってるからね。今までありがとう。』

魂は存在すると思ってます。
今もお母シャン達を見守ってくれてるよね、リンちゃん。


数えきれないほど病院へ連れて行き、看病し、正直大変でした。
体力的にも金銭的にも。

でもリンと過ごせて良かった。






なんだか今日は変なブログになってしまってごめんなさい。(いつも変かな(^o^;))

リンを思い出してしまったんです。



今日のルリは…

バスタオルをカミカミ( ̄ー ̄)


この子はお母シャンの気持ちわからんのやろな…。

うん。明日も元気に過ごそうね(^^)







最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければポチお願いします.。.:*・゚☆




こちらも✡*。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村


ありがとうございました.・*゚*・☆


スポンサーサイト

コメント

No title

いつかはお別れの日が来る・・。
分かってはいても、その時は
受け入れがたいですよね。

我が家も、初めて飼った柴犬のギン
そしてペットロスからやっと抜けてから
しばらく3ワンsと楽しく暮らしました。

みんな高齢になってからは、ゆき,プリン,ジェン
と相次いで旅立ち、保護犬のふく,リチャード
と見送りました。
決して慣れることはできませんね・・。

ルリちゃんとリンちゃんって横顔が似ている
気がします。
もしかしてリンちゃんがルリちゃんを見守って
いてくれるんじゃないでしょうか。
そう思いますよ。

ルリちゃんはきっとママさんやご家族の愛を
しっかり分かっていると思います。(^^)

ゆきパパママさん

パパさん、ありがとうございます。

リンの『いってらっしゃい』は不思議な体験でした。
でも嬉しかったですよ(^^)

思い出すと未だに悲しいです。
会いたいって思います。

リンはルリを見守ってると思います。
家にお骨があるのですが、ルリは必ずお供えの水を飲むんです(笑)自分の水がタップリあっても(笑)
最初は叱ってたのですが、もしかしたらリンが『飲んでいいよ』と許可を出したのかも、と思い、今は好きにさせてます。

ルリもいつかはやってくるその日まで叱りながら可愛がってやろうと思います(^^)

コメントの投稿

非公開コメント